池田純いけだじゅん
有限会社 プラスJオーナー/日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)特任理事/株式会社大戸屋社外取締役/株式会社リブセンス 社外取締役/「Number Sports Business College」発起人/クラフトビール「Weekend Journey」発起人    株式会社横浜DeNAベイスターズ 前代表取締役社長
講師候補に入れるプリントする

プロフィール

1976年横浜市生まれ。早稲田大学を卒業後、住友商事、博報堂等を経て2007年にDeNA入社。執行役員マーケティングコミュニケーション室長から、NTTドコモとDeNAとの合弁会社の社長を務めた。企業再建の経験が豊富だったことから、2011年12月より横浜DeNAベイスターズ初代社長に就任。2016年までコミュニティボールパーク化構想や横浜スタジアムの運営会社のTOB成立など様々な改革を主導、また多彩なマーケティングを実施し、イベント、グッズなどで次々とユニークな企画を創出し、5年間で52億円から100億円超へと売り上げを倍増させた。現在はJリーグ特任理事、明治大学学長特任補佐や複数の企業のアドバイザーを務める一方、Number Sports Business Collegeを開講するなど、10以上の肩書を持つ実業家として活躍している。

経歴

■1976年 横浜市生まれ。
■2000年 早稲田大学商学部卒業。
      住友商事株式会社入社。
      株式会社博報堂入社。
      大手製菓会社、金融会社等の企業 再建・企業再生業務に従事。
■2005年 有限会社プラスJを設立し独立。
■2007年 株式会社ディー・エヌ・エーに参画。
■2010年 株式会社エブリスタの初代社長として事業を立ち上げる
■2011年 株式会社横浜DeNAベイスターズの初代社長に就任。(2016年まで5年間)
■2016年 自著「空気のつくり方」(幻冬社)を上梓。

主な講演テーマ

常識の超え方 ~横浜DeNA ベイスターズを変えたマーケティング戦略とは~

史上最年少の35歳で横浜DeNAベイスターズ社長に就任し、当初24億の赤字を抱えていたベイスターズを5年間で5億円超の黒字化へ。経営の力で、横浜DeNAベイスターズを最もチケットのとりにくい球団のひとつへと導きました。
成功のために必要なのは“常識を超える”こと。徹底したターゲット層の研究や地域に密着したブランディング、組織のモチベーションアップのための戦略等、その実績と経験をもとに、ベイスターズを5年で再生させたマネジメントの極意や経営メソッドについてお伝えします。

実績

【講演実績】
IHI 石川島播磨重工/パソナ/横浜中法人会/横浜ロータリークラブ/一橋大学/慶応大学/宣伝会議/日経MJヒット塾/その他多数
【著書実績】
『空気のつくり方』(幻冬舎)
『しがみつかない理由』(ポプラ社)

講演を依頼する

講師候補に入れるプリントする

講演会INF0ホットライン:0120-702-235(月?金 9:00?18:00)

講師候補

講師検索

ジャンルから探す

目的から探す

五十音から探す

キーワード

講演講師新規登録|講演会インフォ