古本尚樹ふるもとなおき
防災・危機管理アドバイ ザー・前 熊本大学大学院自然科学研究科附属減災型社会システム実践研究教育センター 特任准教授
講師候補に入れるプリントする

登録ジャンル:

プロフィール

社会福祉的な側面からの支援の研究で、地域医療(政策を含め)をはじめ、その後災害医療、そして防災・減災を研究してきました。特に防災・減災については、これまで東日本大震災や熊本地震、その他、風水害や雪害、竜巻など多数の事例研究を有しています。避難所運営やBCP、ロジスティック、仮設住宅被災者の健康格差への支援など総合的に調査・研究をしています。自主防災組織の形成や自治体の対応・危機管理等総合的に行ってきました。防災の専門研究機関および大学に研究職として在籍していました(前職、熊本大学大学院自然科学研究科附属減災型社会システム実践研究教育センター 特任准教授)医療や防災・減災に関しての国際学会を含め報告等は多数あります。多数の防災や減災、自治体や地域社会の災害対応についての講演が多数あります。
 また、地域医療や災害医療を元来のバックグランドにしています。高齢者への健康、災害後の中長期に及ぶ被災地での医療・保健・福祉対策等について調査・研究も多いです。
地域社会(自治体・住民)の危機管理、企業の危機管理やBCP(業務継続計画)

経歴等

学歴
・北海道大学教育学部教育学科教育計画専攻卒業
・北海道大学大学院教育学研究科教育福祉専攻修士課程修了
・北海道大学大学院医学研究科社会医学専攻地域家庭医療学講座プライマリ・ケア医学分野(医療システム学)博士課程修了(医学博士)
職歴
・浜松医科大学医学部医学科地域医療学講座特任助教
・東京大学医学部附属病院救急部特任研究員
・公益財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター研究部 主任研究員
・熊本大学大学院自然科学研究科附属減災型社会システム実践研究教育センター特任准教授(至平成29年3月)

主な講演テーマ

⾝近な地域で起こりうる災害の特徴を学び、今後の防災・ 減災へ活かす。地域医療や被災地の医療・保健・福祉

土砂災害と避難所、阪神・淡路大震災と 熊本地震で学ぶこと、大規模災害後における自治体の活動について(保健・医療・福祉面について)、自治体の雪害対応について各地の事例から(関係機関の事例も含め)、東日本大震災被災地における自治体職員の苦労と、住民への支援について、日本の災害被災地から見える医療等サービス課題と対策について(東海地震への指針に向けて)、災害対応における首長の役割、市町村合併による保健・医療・福祉サービスの変化とその対応に関する調査、市町村合併による過疎地医療機能の変化とその対策に関する研究

実績

【講演会等】
・佐賀県職員に対するBCP研修講師(平成25年)
・四條畷市防災講演会(平成26年)
・(北海道)当別町防災セミナー(平成27年)
・篠山市日置地区防災訓練講師(平成27年)
・(北海道)当別町太美地区防災セミナー(平成28年)
・佐賀県トップセミナー講師・ファシリテイター(平成28年)
【学会及び社会における活動等】
・日本プライマリ・ケア連合学会代議員
・日本集団災害医学会評議員
・アジア太平洋災害医学会(APCDM)会員 等

講演を依頼する

講師候補に入れるプリントする

講演会INF0ホットライン:0120-702-235(月?金 9:00?18:00)

講師候補

講師検索

ジャンルから探す

目的から探す

五十音から探す

キーワード

講演講師新規登録|講演会インフォ