市岡 裕子いちおか ゆうこ
ゴスペル歌手
講師候補に入れるプリントする

プロフィール

吉本新喜劇座長・故・岡八朗の長女。母の自死、弟の死、父のアルコール依存症などの苦難を負い、人生の荒波にもまれる中、音楽に慰められゴスペルシンガーの道に進む。壮絶な葛藤の末に手にした父娘の絆。絶望からの再起を、「足りないものに不平不満を言わず、有るものに感謝することを学んだ。」と語り、闘病や家族間の葛藤、夢と希望を持てずに苦しんでゴスペルソングも交えての講演が好評を得ている。
家族間の葛藤、夢と希望を持てずに苦しんでいる人たちの役に立ちたいと語る。ゴスペルコンサートではエネルギッシュなステージでゴスペルを歌い上げる。
 

経歴

1964年兵庫県西宮市生まれ。吉本新喜劇座長として人気を博した故・岡八朗の長女。
4歳からピアノと歌を始め、高校時代にジャズ、黒人音楽に触れる。
16歳の時うつ病により母親が自死、父のアルコール依存症による新喜劇退団。
さらに胃ガンと脳挫傷、弟の死と続く。家族の世話に追われる中でアメリカ留学を果たすが、一時帰国後、96年再び渡米。
ハーレム黒人教会で本場のゴスペルに出会い、99年ブルックリン・クイーンズ音楽院にてブラックミュージックを本格的に学びゴスペルシンガーの道を歩む。
2002年父・岡八朗の芸能生活45周年記念リサイタルで父娘共演。
翌年の03年、NHK“にんげんドキュメント”でリサイタルに至るまでの親娘の絆が紹介される。

主な講演テーマ

人生あきらめたらあかん!

~足りないものに不平不満を言わず、有るものに感謝~
アルコール依存症は家族ぐるみの病気 
~家族の立場から体験談~
ゴスペルソングに救われて
~苦しいときこそ夢と希望と音楽を~
(講演会+ゴスペルコンサート)
悲しみの中に希望を持って生きる大切さ
~心の幸せを求めて~
誰かがあなたを必要としている
~すべての人生には目的がある~

TV出演実績

2002年、NHK“にんげんドキュメント

主な著書など

講演を依頼する

講師候補に入れるプリントする

講演会INF0ホットライン:0120-702-235(月?金 9:00?18:00)

講師候補

講師検索

ジャンルから探す

目的から探す

五十音から探す

キーワード

講演講師新規登録|講演会インフォ