野口寿浩のぐちとしひろ
元野球選手、野球指導者
講師候補に入れるプリントする

プロフィール

1989年ドラフト外でヤクルトスワローズに入団。
球界を代表するキャッチャー・古田敦也と同期入団。2軍で成果を残し1軍に昇格するも、出場機会に恵まれることが決して多くはなかった。第二の捕手としてチームの勝利に尽力する一方、出場機会が多い2軍戦では、球団を問わず貪欲に自分のプレーをアピールした。
 その後は日本ハムファイターズへ移籍しレギュラーを勝ち取るも、阪神タイガースでは矢野燿大とレギュラー争いを繰り広げることとなり、再度二番手捕手として定着することに。こうした実績から最強の二番手捕手と謳われる一方、現役を21年間続けることができたのはどういった理由からか、その秘訣を最強の二番手捕手が語る。
野村克也・岡田彰布・星野仙一ら名監督の下でプレーを経験。球史に名を刻む名将たちの下で学んだ一流の組織論、戦術論とは。21年の現役生活を経て4チームを渡り歩き、数々の名将を比較して結論付けた野口の観点で語る。

経歴等

引退後は野球教室を開設する傍ら、野村監督の下で培った知識や経験を基に、独自の切り口を持った解説が好評を得ている。
<球歴>
生年月日 1971.6.24
球歴 習志野市立習志野高等学校
   ヤクルトスワローズ(1990年〜1997年)
   日本ハムファイターズ(1998年〜2002年)
   阪神タイガース(2003年〜2008年)
   横浜ベイスターズ(2009年〜2010年)
通算成績 911試合
最多三塁打 2000年
得点圏打率 2000年(1位)
オールスター出場 1998年、2000年

主な講演テーマ

私の野球人生〜最強の二番手捕手は何を思ったか

「名将から学ぶ」
<専門分野>
プロ野球、人材育成、組織論、モチベーション

実績等

<講演>
「平成24年度市民スポーツ講演会(習志野市)」(2013年1月)
<メディア出演>
GAORA 野球解説
スカイA 野球解説
サンテレビ 野球解説
スポナビライブMLB 野球解説
Full-Court
Timely! WEB
<書籍>
・ベースボールマガジン社「投手の力を引き出せ!キャッチャー完全マスター」

講演を依頼する

講師候補に入れるプリントする

講演会INF0ホットライン:0120-702-235(月?金 9:00?18:00)

講師候補

講師検索

ジャンルから探す

目的から探す

五十音から探す

キーワード

講演講師新規登録|講演会インフォ