緒方耕一おがたこういち
元プロ野球選手、元プロ野球コーチ、スポーツコメンテーター
講師候補に入れるプリントする

プロフィール

1968年9月2日、熊本県生まれ。
175センチ、68キロ(現役当時)。右投げ両打ち。熊本工業高から87年にドラフト6位で読売ジャイアンツ入団。プロ入り後にスイッチヒッターに転向し、3年目に一軍初昇格。快足一番打者として頭角を現し、90年に盗塁王獲得。その後、足の故障を克服して93年に2度目の盗塁王。守備では内野も外野もこなした。
度重なる故障により98年に30歳で現役引退。通算成績(実働9年)は685試合出場、打率.263、486安打、17本塁打、130打点、96盗塁。
引退後はスポーツコメンテーターとして、主にテレビ東京、TBSラジオ、日刊スポーツ等の各種スポーツ番組、野球中継にて活躍。数々のスポーツ選手へのインタビューを行ってきた。
指導者としては、巨人で守備走塁コーチ(2002~2003年、2006~2010年)を務め、また2009年のWBCでは日本代表コーチも務め、世界一に貢献。

球歴

熊本工業高校
選手=巨人
指導者=巨人

主な講演テーマ

「強い組織の強いノウハウ ~WBCで世界一、巨人軍で日本一の組織力~

巨人軍では数多く優勝を経験。盗塁王を獲得、日本シリーズでも活躍。
2009年のワールドベースボールクラシックでは、コーチとして世界一に貢献。
イチロー選手、岩村明憲選手等、日米各球団から集まったスター軍団を一つにまとめて、どのように世界一を達成したのか?組織はどんな雰囲気、役割分担だったのか?
自身もエリート集団の中でレギュラーや役割を勝ち取り生き抜いてきた。組織に必要とされる人材になるには?その辺も、自身の経験を交えてお話させて頂きます。

実績

■メディア出演等
テレビ東京「スポーツウォッチャーズ」、「neo sports」 コメンテーター
TBS「ひるおび」
日本テレビ、日テレG+ プロ野球中継解説
日刊スポーツ 評論家

■著書

講演を依頼する

講師候補に入れるプリントする

講演会INF0ホットライン:0120-702-235(月?金 9:00?18:00)

講師候補

講師検索

ジャンルから探す

目的から探す

五十音から探す

キーワード

講演講師新規登録|講演会インフォ